ホルモンと血行不良の関係性

生理がくると、生理痛になる方もいらっしゃいますよね。生理がきているのだから当たり前だと考えているだろうと思います。でも、生理痛にも痛みを引き起こしてしまう要因があるらしいのです。その要因は、大きく分けると2つあります。

 

1つは、生理の起きる仕組みそのものが、痛みを伴ってしまうものであるということです。そして2つめは、子宮や卵巣部分に隠れた疾患があって、その部位が痛みを引き起こしてしまうというものです。その中の1つである生理が起こる仕組みから来る生理痛というものについて説明しましょう。

 

卵巣から卵子が子宮内膜には着床せずに、不要となってしまった内膜を体の外へと排出する現象が生理となります。その際に活躍しているのが、プロスタグランジンというものになります。これが何かというと、子宮を収縮させる作用のあるホルモンの1つとなります。このホルモンが通常よりたくさん分泌されると、子宮における収縮活動というものが強くなっていきます。その減少が、皆が苦痛に感じるあの生理痛なのです。

 

ある研究によると、生理痛が激しい人というのは弱い人と比べると、子宮内膜や経血に含まれているプロスタグランジンの量が多い、そういったこともわかっています。生理の前になると腹部の痛みや頭痛を感じる人がいますよね。また、だるさを覚える人もいるでしょう。これは、月経前症候群(別名は月経前緊張症)という病気になります。

 

月経前症候群というのは、およそ80%の女性が体験したことがあるということです。その際に出てくるホルモンというのが、プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンの1つになります。このホルモンがどうして不調を引き出してしまうのかについては、いまだ明らかにされていません。